自由になるために

思ったことや考えたこと、コラムなど。自由気ままに書いています。

一貫性のある人間

前回、毎日ブログ更新するぞ!と決めてはや一週間が過ぎた。もちろんこれは一週間ぶりの投稿である。あれは虚言に終わった。

 

人間は一貫性が大好きな生物である。


 人間は思考と行動が矛盾しているのならどちらかをどちらかに合わせようとし(認知的不協和というらしい。 吊り橋効果なんかもそれも一種。)一貫性を持たせようとする。
芸術作品も文学作品も、漫画や音楽だって一貫性のないものは評価されない。ブログだって記事の内容がカオスだとだれもブクマしてくれない(しかし、ぼくの記事は一貫性を意識してるけど誰も見てくれないしブクマもめったにされない。記事数が圧倒的に少ないからだ。)

何かを続けることも同じである。人間は一貫性を重視するため今まで習慣付けされた行動が優先されやすい。

だからブログが続かなくて当然なのである。ぼくは人間だから仕方ないのだ。続かなかったのは何も悪くない。

 

そして新しく習慣付けしたい事柄はたいていエネルギーが必要である。

ましてやいきなりハードなスケジュールを毎日こなそうというのは周囲の手伝いや意思の強い鉄人でもない無理だ。愚の骨頂である。

もちろん、愚か者とはぼくのことだ。

 

なにかを習慣化させたいのならもの凄く簡単なことから始めるといい。例えば勉強嫌いのA君でも教科書を広げることぐらいはできるだろう。そんなレベルから スタートするのである。(ぼくも記事を書くことはしなかったけどこの一週間はてなブログのログイン回数だけはもの凄い量であった。
ちなみに習慣化など意識しておらず、ただただpv数が気になって確認したのである。たった10記事すら書いていない状態で人がくるわけないのに!)

そして、少しずつ難易度をあげていく。

 

また、習慣化しようとしている事柄が面倒でやらないとき、代わりに行われる特定の行動があるのならその代わりの行動を難しくしてしまう。という方法もある。
例えばスマートフォンなら、特定の場所に置き場所を設定し、毎回そこへ行かないといじれないようにする。


ということで、毎日ブログ書くのは正直めんどうだから1週間に1記事、ゴミみたいな記事でもとにかく書く。ということを最終目標にすることにした。だからとりあえず今はこのままでいいという結論になった。ぼくは愚か者ではなかった。