自由になるために

思ったことや考えたこと、コラムなど。自由気ままに書いています。

誰でも楽しみながら知識を無限に増やす方法

楽しみながらやるものなので当然こうすべきというものではありませんが暇潰しにもなるのでおすすめです。

1何でも良いから疑問を持つ。

2自分なりの仮説をたてる。

3調査する

4仮説を練り上げる

5更に疑問がでてくる

6エンドレス

1何でもいいから疑問をもつ。

ほんとに日常的なものでも、専門的なものでも何でも構いません。抽象的なものはあとで具体的なものに置き換えた方が調べやすいです。

 どうして国産の乳製品は北海道産が多いんだろう?
 美味しいコーヒーは何で決まるんだろう?
 この動画はなぜこんなに流行っているんだろう?
 なぜ曜日は「日月火水木金土」の順番なんだろう?
 現代の資本主義はどういう経緯を得てできたんだろう?
 そもそもお金ってなに?
 このTVの情報は本当に正しいの?
 あの人はああいっていたけど、あの言葉が正しいときはどういう状況があてはまるのだろう?真意は?
 スマホはどうやって動いているんだろう?
 網膜に写るただの色のパターンからどうして物体を認識できるんだろう?

とにかく何でも良いです。自分がふと思ったほんとに些細な疑問。興味のある疑問。普通に生活していても無数にでてきますが、
「そもそも~?」「なんで~?」「どうやって~?」「どうして~?」
こういう形に当てはめると楽です。
常識だと思っていた、正しいと漠然に思っていたことを疑問に思うと意外に論理的に答えられいなものがでてくると思います(論理的ってそもそもどういうこと?という疑問を持ったら早速やってみましょう!)。

2自分なりの仮説をたてる。

疑問を持ってもそのままにしたり、すぐに調べて答えを求めることが多いと思います。
ですが一歩踏みととどまってなんでも良いから仮説をたててみます。
知識がなくても、10分くらいでいいから既存の知識を上手く使って考えるのがおすすめです。大抵その仮説は間違ってますが仮説をたてると調べたときに勝手に頭に入ります(一見どうでもいいような知識でも大量に持っていると後で思わぬ繋がり方をすることがあります)。

3調査する。

仮説をたてたら、疑問に思ったことを調べます。媒体はなんでも構いません。楽しみながらですので自由です。基本的に本の方が質の高い情報がでてきます。
(疑問によっては答えがでてこないものもあるので、ネットなどで公開されているデータなどから自分で情報を組み立てたり、調査したりします。偽情報、恣意的に改ざんされた情報には注意。)

4仮説を練り上げる

調査結果から前の仮説に組み込んだり、仮説を捨てたり訂正したりします。

5更に疑問がでてくる。

3で調査している間にまた他の疑問がわいてできたと思います。また、4の段階で更に反論してみたり、他の答えがあったら比較してみたりみても良いです。そうするとより練り上げられるし、別の新しい疑問がでてきます。

6エンドレス

調査の段階ででてきた疑問、また別の日常の疑問に対して同様のことを繰り返します。

休日に1日使って、興味のある事柄を徹底的に図書館で調べる。ということもやってみてはいかがでしょうか。
「こんなの答えがでるわけないやん」というようなものや中々答えるのが難しい疑問も思い付くと思います。ですがそういうものほど時間がかかる分深く突っ込むと面白いです。
実は答えに近いものはあったり、答えは思った通り見つからなかったとしても今まで考えたことすらなかった色んな知見や考え方を持つことができます。

これをずっとやっていると疑問のたて方も工夫できるようになります。疑問の持ち方一つで全く別の視点が生まれたりします。
また人間の作ったものには大抵合理的な理由があるということ、それぞれの細かいものをある程度突っ込むと色んな分野にまたがっていることもわかります。今までなんでこんなことも知らなかったんだろうという驚きもあります。知識同士が繋がる快感も得られます。はまるとめちゃくちゃ面白いです。